ランドセル 購入時のポイント 百貨店と激安商品の違い

来年は一年生だからと、ランドセルの購入を考える方もいるのではないでしょうか。

これまでは、お盆に帰省した際、おばあちゃんおじいちゃんが孫にプレゼントとして買うため、お盆前からCMで目にすることが多かったのですが、今では6月頃から新作のお披露目や百貨店にも並んでいるようです。

たくさんのランドセルがある中、どこで買おうかと迷うことも多いですよね。そこで購入時のポイントと、百貨店と安物の違いはどこにあるのかを参考にしていただければと思います。

購入時のポイントは3つ

1つ目は、6年間使い続ける事を考えて、丈夫で長持ちであること。

特にお子様が男の子の場合は、元気が良すぎてランドセルを放ったりすることもあるかと思いますので重要なポイントになるのではないでしょうか。

2つ目は、使いやすさ。ランドセルといってもサイズはさまざま。

学校で配られるプリントの大体や雑貨屋で販売している物の多くのファイルはA4サイズなので、少し幅が小さく作られている物はファイルを斜めにしなければ入りません。

3つ目は安全性も大事です。

学校に通っているうちに友達が増えたり、授業時間も長くなったりするので、帰りが遅くなることもあります。

暗がりを歩いていてドライバーに気付いてもらえるように、反射材もしっかり確認しておきたいところです。

次に、百貨店で販売している物とそれよりも価格の手頃な物の違いですが、ぱっと見た感じでは、どちらもあまり変わりなく見えるかもしれません。

しかし、細かく確認していくとその違いがわかるやすいです。

百貨店の物は縫い糸の太さや角の仕上げがしっかりしているので、ランドセルの故障の原因となる縫製のもつれの心配が少ないです。

またランドセルのコーナー部分に細かなひだを作って縫い込む技術は、量販店で販売されている大量生産の物では不可能な技術です。

あまり重くなってしまっては、子どもが大変だからと購入時にランドセル自体の重さを気にしたりしますよね。

しかし、百貨店で販売されている物は、肩ベルトと背当てのつくりがしっかりしているため、体感重量をかなり軽く感じることができます。

よって、ランドセル自体の重さを気にする必要はありません。

また安い価格のランドセルは、約半年程で型崩れをしてしまいます。

6年間ずっと使っていくパートナーともいえるランドセル。

購入する際のポイントを抑え、品質にこだわり、子どもが気に入るデザインの物に愛着をもって、長く使用できたら、とても嬉しいことではないかと思います。

関連記事

軽量ランドセルのメリット・デメリット

軽いランドセルって大丈夫? ランドセルの重さについて